アルファード サイズ 外寸 外装 幅1850の機械式駐車場に入るのか?「モデリスタ」価格 2.0

トヨタミニバン新型アルファードフルエアロ「モデリスタ」30系後期購入前に、車体のサイズ、幅の確認は大切でしょう。

機械式立体駐車場をご利用の方は、幅、高さ 重量制限は大丈夫なのかは気になる処。

そこでアルファードハイブリッドのサイズ 外寸 外装 幅1850の機械式駐車場に入るのかを調べてみました。

アルファード】外装エアロパーツ「モデリスタ」についても調べてみました。

スポンサーリンク

【アルファード】サイズ 外寸 幅 長さ 車高・その他

引用:https://toyota.jp/alphard/

アルファード車体サイズ・その他

全長:4,945mm
全幅:1,850mm
全高:1,950mm
ホイールベース:3,000mm
トレッド前:1600mm
トレッド後:1,605mm

最低地上高:165mm
最小回転半径:5.6m

(ガソリン車)
車両重量:1940~2150Kg
車両総重量:2345~2535Kg
(ハイブリッド車)
車両重量:2140~2240Kg
車両総重量:2525~2625Kg

室内長:3,210mm
室内幅:1,590mm
室内高:1,400mm

※【車両重量】は、車体本体の重量に燃料(満タン)で車載工具までを含めた重量で、運転者が乗り込めば、すぐに走行可能な状態の重量

※【車両総重量】は、アルファードの車両重量に乗車定員(7人又は8人)に55kgを乗じた重量を加算した重量

【アルファード】機械式駐車場に入るのか?注意点など

アルファードの全長・幅・全高は4945・1850・1950(mm)です。幅制限1850mm高さ制限2000mmの機械式駐車場には入ります。機械式駐車場の幅制限には余裕が持たせたあり、ドアミラーを畳みはみ出した部分の寸法は、考慮に入れなくてよいようです。

但し、機械式駐車場には重量の制限があり、3階建ての機械式立体駐車場場合、1階部分は2100kg、2階、3階部分は2000Kgまでが今のところ一般的なようです。

マンション組合が厳しく車両重量の制限を超えていないかチェックしている場合には、一部のグレードを除くほとんどのアルファードは「機械式駐車場に入れることは可能ですが、車両重量の制限を超えている為、止めてはいけない」という事になります。

多くの口コミを見ていますと、現在は車両重要に関しての制限にはマンション組合もあえて言ってはこない様ですが、マンション組合の理事さん方は頭を悩ましているようです。

客観的に判断するため、車検証に記載されている車両重量が規定の重さを超えている場合には、機械式駐車場を退去させられた例もあるようです。

最近では2500Kgまで対応の機械式駐車場も多くなり、その場合は問題なく駐車場として利用できることになります。

また、自走式立体駐車場の重量制限は「車輌総重量」が1階は2100Kg、2階3階は2000Kgに制限されている物もあり、その場合は実際は止められるが、規則的には止めてはいけないという事になります。

マンションにお住まいで、アルファードを購入計画中の方は、無駄なトラブルを避けるためにも管理組合に先に「車両重量」の上限「車両総重量」の上限の確認を取るか、平止め(平地、地面に置く)の駐車場を確保するようにした方が良いでしょう。

【アルファード】外装 人気エアロパーツ「モデリスタ」

写真上:エアロボディーモデリスタ 写真下:ノーマルボディーモデリスタ 引用:https://toyota.jp/alphard/・https://toyota.jp/alphard/customize/modelli

モデリスタ

株式会社トヨタモデリスタインターナショナル(TOYOTA MODELLISTA INTERNATIONAL CORPORATION)は、トヨタグループの一社。通称は「モデリスタ」。トヨタ車向けカスタマイズカーパーツの企画販売やトータルデザイン・販売をメインとしている。モデリスタの保証に関しては、装着後1年もしくは20,000kmとなっています。

アルファードエアロボディーモデリスタパーツ4点(リア2種類)

引用:https://toyota.jp/alphard/customize/modellista1/

エアロボディーモデリスタエアロパーツ価格

フロントスポイラー 塗装済 86,400円
サイドスカート 塗装済 78,840円
リヤスタイリングキットA(リヤスカート+スポーツマフラー)塗装済 108,000円
リヤスタイリングキットB(リヤスカート+マフラーカッター)塗装済 78,840円
(全て消費税含む・取り付け工賃別)

エアロボディーMODELLISTAエアロキット A

フロントスポイラー+サイドスカート+リヤスタイリングキットA(リヤスカート+スポーツマフラー) のセット

お得なセット価格
塗装済 253,800円(消費税含む)(取り付け工賃別)
設定 Executive Lounge Sを除くエアロボディ全車

エアロボディーMODELLISTAエアロキット B

フロントスポイラー+サイドスカート+ リヤスタイリングキットB(リヤスカート+マフラーカッター) のセット

お得なセット価格
塗装済 225,720円(消費税含む)(取り付け工賃別)
設定 Executive Lounge Sを除くエアロボディ全車

ノーマルボディーモデリスタエアロパーツ3点

引用:https://toyota.jp/alphard/customize/modellista1/

ノーマルボディーモデリスタエアロパーツ価格

フロントスポイラー 塗装済 86,400円
サイドスカート 塗装済 78,840円
リヤスカート 塗装済 56,160円

ノーマルボディーMODELLISTA エアロ3点キット割引価格 204,120円
(全て消費税含む・取り付け工賃別)

エアロボディーモデリスタその他パーツ

引用:https://toyota.jp/alphard/customize/modellista1/

ノーマルボディーモデリスタその他パーツ

引用:https://toyota.jp/alphard/customize/modellista1/

【アルファード】外寸、外装,についてのまとめ

写真上:エアロボディー 写真下:ノーマルボディー 引用:https://toyota.jp/alphard/customize/modellista1/

アルファードは大きいけど大丈夫かな?

アルファードは本来ミニバンファミリーカーでありながら、現在ではトヨタ最上級ミニバンという位置づけで、高級グレードに限っては「ミニバン」というカテゴリーを取り払っても良い「高級車」に進化しています。

あえてアルファードの弱点を上げれば「大きすぎる」と感じさせること。
「車庫入れが大変そう」「小回りが利かなそう」「維持費が大変そう」などマイナス面のイメージを抱く方のいらっしゃるかもしれません。

しかし、その大きさゆえのメリットはとても多く、デメリットに感じる点も最新の技術でカバーされています。

大きさゆえの、数多くのメリットの中で少しだけ挙げるとすれば、

「家族全員で乗っても快適な居住空間

「高速運転時などの安定した直進性能」

「パワーのあるエンジンは低回転の走行が可能で、エンジン音も静かなうえ、思ったより燃費も良い」

「万が一の事故にも充実したエアバック等の乗員保護性能の充実とともに、車両自体の頑丈なつくりが大きな怪我をしなくて済む可能性が高くなる」

ご主人は問題なく運転できるが、奥さまの運転が心配「自信がない」とお感じの女性には「大丈夫すぐ慣れます」最新技術が貴女を手助けしますと言っておきます。

引用:https://toyota.jp/alphard/

まずは大きく感じるボディーに関しては、スクエアーなボディーの為、見切りが良く車幅の感覚はつかみやすいと思います。

運転席が高い為、視点も高く全方向の見通しも良く運転はし易いはずです。

「車庫入れが心配で・・」という女性にはトヨタの最新技術

「インテリジェントパーキングアシスト2(巻き込み警報機能+バックガイドモニター機能付)」(Executive Lounge、Executive Lounge Sを除く全車にメーカーオプション)が活用できます。

但し、インテリジェントパーキングアシスト2は白線を感知するらしく、機械式立体駐車場に自動アシストしてくれるかは、確認が取れませんでした。縦列駐車が可能ですのでもしかすると、機械式立体駐車場にも対応してくれるのかなとも思いますが、調査力不足をお許しくださいませ。


 

こちらは、T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステムとセットオプションの為少々値が張りますが、3点セットの高級オプションと考えれば納得できるオプション価格でしょう。

このオプションを選択しなくとも、車庫入れに役立つ「インテリジェントクリアランスソナー」は全グレードに標準装備になりました。

すぐに慣れて、車庫入れも心配ないようになると思います。

モデリスタについて

トヨタ車向けカスタマイズカーパーツメーカー「トヨタグループ」の株式会社トヨタモデリスタインターナショナルが販売する「モデリスタ」。

アルファードに装着すると一層個性と迫力が一気にまします。

アルファード30系には「ノーマルボディ用」「エアロボディ用」両方に用意されています。

人気カラーは塗装済みで販売されていますが、その他のボディーカラーは未塗装で販売され取り付け時に塗装もすることになります。

引用:https://toyota.jp/alphard/customize/modellista1/

エアロボディー用モデリスタエアロパーツは

・ホワイトパールクリスタルシャイン
・ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク
・スパークリングブラックパールクリスタルシャイン
・ブラック

は塗装済みで用意されており、

ノーマルボディ用モデリスタエアロパーツは

・ホワイトパールクリスタルシャイン
・ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク
・ブラック

が、塗装済みが用意されています。

引用:https://toyota.jp/alphard/customize/modellista1/

未塗装のモデリスタエアロパーツは塗装に掛る費用分安く価格が設定されているので他のボディーだから割高になるという事はないはずです。

モデリスタエアロパーツは新車購入時に取り付けることが基本で、「モデリスタ」のHPも購入後、納車後の取り付けは、ご遠慮願いたいというような姿勢ですが、絶対に後付けが無理という事ではないようです。

購入後、取り付けしたくなった方は、購入ディーラーに相談してみて下さい。

モデリスタエアロパーツ取り付け後の注意点としては最低地上高が30mm程度下がるため大きな段差には注意した方が良いと思います。