アルファード 納期  納車待ちを調べました。驚きの買取価格情報も2.0

トヨタミニバン新型【アルファード】納期 納車状況 納車待ちの口コミを調べていますと、アルファードの買取に関しての驚きの現状が口コミに多く見つかりました。

驚きの買取価格情報30年1月~2月に納車されたアルファードが、30年11月に新車購入金額を上回る価格で買い取られているという口コミが見つかりました。

スポンサーリンク

【アルファード】納車はいつ 納車情報・その他

引用:https://toyota.jp/alphard/

現行型「アルファード」がマイナーチェンジを受け1年がたちますが、未だ、受注に生産が追い付かない状況が続き、注文から納車まで【平均3か月待ち】。(2019/01現在)

2018年1月8日販売開始された「Executive Lounge」は【平均4~5か月待ち】と販売の好調さを裏付けている状態です。

その中でも、比較的納車までの早いのは、現行型アルファードで一番人気の「2,5L S・Cパッケージ」のようです。

あまり販売されていないグレードに、多数のオプションを設定すると、納期が余計にかかる可能性が高くなります。

引用:https://toyota.jp/alphard/

納車待ちの口コミをご紹介します。

納車待ち口コミ

・11月14日 2.5Scパケ 3眼 月窓 Dミラーで契約書にハンコ押しました。
担当営業マンからは、割り当て等の関係で工場へのオーダーは、12月になってからと言われていましたが。
注文後20日経っても、注文を入れてもらえていない状態です。

・メーカーに発注をするのはメーカーからの割り当て台数枠の報告を受けた地域販社本部からのオーダー指示がおりてからですよ~!(契約件数と納車順の管理はこの地域販社本部で行ってます。)

・並び直し組の納期情報交換をお願いします。
2.5S’Cパケ・パール・三眼・デジタルインナーミラー
+BSMで8/17に並び直しの正式発注をしました。
5/13に発注して10月納車予定でしたが、BSMが付けたくて並び直しを決めました。
ディーラーからは、11月からの生産は並び直し組が優先されるので、年内には納車できると聞いています。

・私の担当はパソコンを見ながら、グレードや色で納期が変わると言ってましたよ。
本革シートや人気の低い色は、納車が遅くなるらしいです。
ヴェルファイアが本革シート以外で人気色でなら、そちらの方が先に納車になるかもしれませんね。

引用:https://toyota.jp/alphard/

・トヨタHPではアル/ヴェルともに納期が4ヶ月から3ヶ月に短縮されていましたので私も購入先に問い合わせてみると、当初、1月と言われていたのが12月中頃に縮まりました!

・私はDからではなくもともと納期が遅い店からの購入なので
恐らくDで契約された並び直し組の方は年内納車は間違いないのではないでしょうか?

・今日契約したら4月末納車枠が三枠あるということで契約しました。
ところが先日納車が遅くなり6月枠での製造予定と説明を受けました。

6月から作って輸送してたら7月納車を少しちらつかしてました。トヨタのHPでも納期4ヶ月程度になっているのにこの納期は素直に受け入れるべきでしょうか?

ハイブリッドG MOPはナビと3眼とコンセント,DOPはマットだけです。契約時に納期枠を交渉テーブルにあげられてなければ納得出来るのですが…

遅めに言っといて早くなるって落ちなのでしょうか…

私の気持ちはキャンセルか更なる値引きですが家族からは長い付き合いになるから我慢して営業マンに文句言うなと避難されてます。ご意見よろしくお願いいたします。

引用:https://toyota.jp/alphard/

・早く欲しい気持ちはとても良くわかりますが、契約しちゃったんなら素直に待ちましょう。

キャンセル可能なら、キャンセルしてもっと早く入手できる先を探すのもありだと思いますが、さらなる値引きというのは単なるクレーマー?モンスター?なのでやめておきましょう。

ちなみに私はせっかちなので、そんなに納期が掛かるようなら最初から契約はせず、市場が落ち着くのを待ってから購入します。
契約してからの待ち期間って、つらいですよねぇ…(^^;)

引用:http://bbs.kakaku.com/

【アルファード】納車された 納車待ち口コミで分かった事

引用:https://toyota.jp/alphard/

先ほども書きましたが、アルファード・ヴェルファイアの一般的な【契約から納車までの期間は3か月。】

“Executive Lounge(エグゼクティブラウンジ)”に関しては【平均4~5か月待ち】2019/01現在。と口コミと、トヨタ公式HPの工場出荷時期目処で確認できました。

そのことより私が驚いたのが、「価格.COMの掲示板・レビューをトヨタ > アルファード > クチコミ掲示板」で見つけたアルファード・ヴェルファイアの1年弱乗った中古車が、

新車購入時に支払った価格と同額や、中には購入価格(現金支払い総額)より5万円程度高く買い取ってもらっている方がいることです。

引用:https://toyota.jp/alphard/

「なぜ?」と思い色々な書き込みを調べた結果分かってきたのが、高額で買い取ってくれているのは「輸出専門買取業者」さんらしく、為替の関係で、毎月買取価格の上下があるようでした。

高く売れるグレードは、ガソリン車、「SCパケ+3眼+ルーフは必須」とかなり具体的で、色はパールが高く買い取られ、本革は購入金額の半分くらいしかプラス査定にしかならそうです。

主な輸出先は1年経過モノは主にマレーシア。新車即出しは主に香港行きでブラックが人気だったそうで、その理由は香港のタクシー会社が買い取っていたそうです。

引用:https://toyota.jp/alphard/

アルファードの買取の口コミは数年前から「価格.COMの掲示板」では盛り上がっており、知っている方は数年前からご存じだった情報の様ですが、私にとっては「1年乗って購入価格より高く売れる」というのは驚きでした。

アルファード・ヴェルファイアも関しては、1年後に手放すことを考え、グレード、装備など計算し、損をせず、中には数万円の儲けまでだし、毎年のようにアルファードの新車を乗り継ぐ「買い替え上手」な方もいらっしゃるのにも驚きました。

現金でアルファード・ヴェルファイアを購入予定の方は、「価格.COMの掲示板」アルファード、買取の口コミを参考に購入するのも消費者の知恵かもしれません。

但し、数年前の口コミには、モデルチェンジでアルファード買取相場が暴落との口コミもありましたので、あまり期待しすぎないようにはしてくださいね。

引用:https://toyota.jp/alphard/

アルファードの驚きの買取価格についての口コミをご紹介します。

アルファードガソリンのスレは買い取りばかり?

アルファードガソリン2018/10/31 07:37

・昨日、自身のヴェルの査定ついでにアルファードの景況を聞いてきました。
すでにアルファードは海外からのオーダーが来始めていて、主様のおっしゃる仕様でも1月登録であれば500に迫る買取が可能とのことでした。(ヴェルはオーダーがなく、以前のように高騰するか不明)
あとは前期型の推移から推測するしかないですが、7月登録もそんなに悪い登録月ではないため、大きな値崩れがないと仮定して、購入金額程度は期待できるんじゃないでしょうか。

・202ブラックの下落がすごいですね。パールと30万円ほど違います。
はっきり言って、今の相場でしたら485で買ってもらえるなら相当いい条件と思います。年明け復活するのかもしれませんが。

引用:https://toyota.jp/alphard/

・業者さんから伺ったお話で恐縮ですが・・・
今のところ、SCパケ+3眼+ルーフは必須と伺っています。
スペアや寒冷地は聞くのですが、実際の査定差はあまりつかないような。
ちなみに3.5LになるとフルMOP(ナビ含む)が重宝されているようです。

ちなみに国内はビックXが人気のようですよ。
リアエンタは費用回収できないです。ただリアエンタ付けるなら利用上DIMは必要になります。1年乗換前提なら我慢ですかね。

・3月登録2.5SC
ルーフ、三眼、アイスト、デジタルミラー、100V、寒冷地、モデリスタA
ナビ、リヤモニター取り外し500~520で現状出てます。
年明け上昇に期待です。改良後のアルも発注済みで2月後半納車見込みで手出し無しの予定です。

引用:https://toyota.jp/alphard/

・おそらく、新車即出しは主に香港行きだったからじゃないでしょうか。
タクシー会社がこぞって黒を買いたがっていたという事を聞きました。
1年経過モノは主にマレーシア行きかと思います。・2018年1月登録アルファード、2.5S Cパッケージをカーラッシュさんに査定していただきました。主な装備等は下記の通りです。

ボディカラー202ブラック、走行約5000キロ。ツインムーンルーフ、メーカーナビ、リアエンタ、パノラミック4カメラ、3眼、インナーミラー、本革シート。
以上のスペックで570万円でした。
本革は合皮シートになり費用対効果が悪く、モデリスタ付きでないと10万円程度の上積みにしかならないそうです。
ご参考にしていただけましたら幸いです。

引用:http://bbs.kakaku.com/

【アルファード】納期遅れ口コミで分かった事とまとめ・その他

 

引用:https://toyota.jp/alphard/

どんな商品を扱う企業でも「過剰在庫」というのは会社経営を圧迫しますが、トヨタはアルファード、ヴェルファイア、C-HRなど多くの車種で「注文を受けてから生産する」「待ってくれるお客様が多数いる」という企業として最高の条件で営業していることになります。

さすがはトヨタといったところでしょう。

ここで、3か月も待てないという方が「新古車」と言われる、新車同様、走行距離もせいぜい数十キロというアルファードを探すのですが、このアルファードに関しての「新古車」は業者が新車を注文して、あえて作られたもので、購入者の方のメリットは待たなくて済むことのみだけです。

納車待ちの期間が数週間で済むということのみで、全て希望どうりのアルファードを見つけられた方はラッキーですが、何かの装備や、ボディーカラーを妥協したり、3か月待たない代わりに普通に新車を買うより支払総額が多くなったりと「新古車」メリットはあまりありません。

引用:https://toyota.jp/alphard/

本来の「新古車」とはメーカーが過剰に新車を生産してしまい、年間新車登録台数を稼ぐため、ディーラーに報奨金を出しディーラー名義で登録し、その結果「新車」ではなく「新古車」という登録済み中古車、車検が売れるまでの期間短くなる分と、

新車以上の大幅な値引きが提示され、多少車検が短くとも明らかに割安に購入できるところが「新古車」の魅力だったのですが、トヨタの人気車にはその常識は昔の事になってしまったようです。

【アルファード】納期 納車状況 納車待ちについてのについてのまとめ・感想など

引用:https://toyota.jp/alphard/

アルファードの納期、納車待ちに関して多い不満が、「契約から1か月以上たつのに営業マンから何の連絡もない」「2か月連絡のないまま突然納車の連絡があった」などの口コミが目立ちました。

これは、営業マン自身、納車の予定が立てれれない。いつ工場出荷されるか、ディーラー自体が分からないというのがほとんどで、

「連絡したくとも、連絡が出来ない」というのが実情の様です。

これは、トヨタディーラーの限った事でなく、現在人気のSUV車、マツダのCX-5やホンダのCR-Vの営業マンも納車予定の連絡をしたくとも出来ない。

その事情を知らない方がイライラしたり、怒ってしまったりと小さなトラブルになりますが、大半の方はメーカー、ディーラーの言い分を素直に受け取り良い人で黙って待っているという方が大多数です。

引用:https://toyota.jp/alphard/

契約後2か月もたって電話があり、その内容が「まだ納車の目途はたっていません」などと言おうものなら、「それならキャンセルで・・・」

これでは、ディーラーにとっても、営業マンにとっても、最悪な状況に陥ってしまいます。

下手に連絡は出来ないことが原因で、けして貴方だけに連絡を怠っている訳ではないのです。

「アルファードの納車には時間がかかるもの」と気長にネットで納期、納車情報の口コミを調べたうえで、頃合いを見てこちらから

「納車の予定は立ちましたか」と冷静に電話を入れるというのが、「アルファード」に関する納車待ちの対処ということになります。

【アルファード】口コミ情報を基に、1年後のリセールバリューが期待できるグレードを調べてみました。

引用:https://toyota.jp/alphard/

すでにご存じの方には、全く役に立たないアルファードの情報になってしまいますが、

初めに、驚いたことはアルファードの新車を1年乗り、乗り換え、買った価格より高く売っている方がいること。

何かの条件にはずれ、追い金を出しても、10万円位でまた新車のアルファードに乗れることでした。

しかも、価格.COMアルファードの口コミ掲示板をよく利用する方にとってそれは、ほぼ常識であることにも驚きました。

この方たちは買取情報を上手に使っているというか、買取業者さんを手玉に取っている感じさえしました。

引用:https://toyota.jp/alphard/

この記事を書くにあたり、価格.COM ホーム > 自動車 > トヨタ > アルファード > アルファード 2015年モデル > クチコミ掲示板  そこで、

「後期モデル買取金額」や「輸出」等色々な検索をかけ、読み飛ばしながらも3時間以上掲示板を読み漁り分かってきたことをまとめてみます。

アルファードに1年乗ってなぜ購入価格より高く売れるのかの理由は、輸出にあることが分かりました。

アルファード・ヴェルファイアは中国での大人気だそうで、新車には中国政府が高い関税をかけているそうです

これが登録後1年たった中古車の関税は大きく下がるため、1年落ちのアルファード。ヴェルファイアが高値で買い取ってもらえる大きな原因のようです。

※追記;2019/01

アルファード・ヴェルファイアの中国輸出に関して新しい事実が分かりましたので追記しておきます。中国大陸では右ハンドルのクルマは公道は走れないようです。

質問 中古車の輸出を考えていますが、現地側で、中古車の輸入規制がある国はどこですか。

回答 中古車の輸出ビジネスについては数多くのお問い合わせが寄せられますが、世界には自国産業保護育成などの理由により、中古車の輸入を禁止または実質的に制限している国が多くあります。現実には、これらの国々向けにも統計上、日本から個人持ち込みなどを超えると思われる数の中古車が輸出通関されているようですが、ビジネスとしての実態は不明です。

アジア・中国

商業目的の中古車輸入は原則できません(商務部「自動車貿易政策:2005年16号令」第7章 第37条)。長期滞在駐在員の個人用として1台に限り持ち込むことが認められますが、これも左ハンドルの新車に限られ、右ハンドル車の公道の走行は禁じられています。
中国商務部:商務部令2005年16号自動車貿易政策外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

引用:https://www.jetro.go.jp/world/qa/04J-101001.html

引用:https://toyota.jp/alphard/

利益を出すための最初の条件は、

アルファードを現金で買うこと。

次に、これは「業界用語」に近いと思いますが、アルファードには「輸出仕様」となるグレードと、オプション装備があるのだそうです。

少し調べた程度ですので、完全ではありませんが、高く買い取ってもらえる仕様は

アルファードガソリン車2.5S Cパッケージ、「SCパケ+3眼+ルーフは必須」色はブラックが良い時期もあったようですが今は「パール」。

本革は合皮シートになり費用対効果が悪く、モデリスタ付きでないと10万円程度の上積みにしかならないそうです。

引用:https://toyota.jp/alphard/

登録時期も大きく関係があるそうで、1月、2月登録車が玉不足により高値で取引されているそうです。

1月登録車で気を付けないといけないのが、1月上旬登録車ですと、前年12月生産車が1月に登録されている可能性があり、これは輸出業者は嫌うようで、車体ナンバーから30年生産車か31年生産車か簡単にわかるそうです。

1年後に輸出業者に手放すことを考え損をしないグレードは、

アルファード2.5S Cパッケージ、3眼、サンルーフ、ボディーカラーはパール、「モデリスタ、本革シートは無し」という装備だそうです。

一番確かなのは、輸出業者にどんな仕様が良いのか尋ねるという口コミもありました。アルファードに1年乗ってうまくいけば儲かる。悪くとも損はしないで乗れればこんないいことはない車の乗り換え法ですね。

まだまだ書き足りない事も多くあるのですが、とにかくこの件に関するアルファードの口コミは多くすべてを調べるのは難しそうでしたのでこのくらいの情報でお許しください。

引用:https://toyota.jp/alphard/

但し中には、「私も専門家でなくただの車好きの普通のサラリーマンなもので、いろんな業者さんの受け売りでモノ言ってるだけですからあまり信用しないでくださいね」

「その辺は重々承知しております。あくまで自己責任で行動いたします!」との会話もありましたので、

ご興味の湧いた方は「価格.COM ホーム > 自動車 > トヨタ > アルファード > アルファード 2015年モデル > クチコミ掲示板」を検索し沢山の口コミを調べてみて下さい。

参考になった口コミをいくつかご紹介しておきます。

アルファード30系後期平成30年2月登録の査定をお願いしたところ330万円とのことでした。2.5SCパッケージ、202、ツインムーンルーフ、3ガンLED、デジタルインナーミラー、アクセサリーコンセント、走行6000km弱です。

ネッツに行く前にいま乗っているアルファードの購入店のトヨペットに行って話したところ、走行距離を聞かず内外装を詳しく見らず、400万は出せるとのことでした。

ネッツの330万円という査定額に愕然としまして、買い取り専門業者に片っ端から査定依頼を出しまして現在460万円が最高値です。年が明けたら、もっと上がりますかね?

買い取り専門店は現車を見らずにメールや電話で、ディーラーの査定額の上をさらっと言ってくれました(^-^)

後期型のscパケが330万しかも鉄板であるMOP3点セット付いてるのに…そんなディーラーは二度と行かないほうがいいですよ!
バカにするにもほどがあります!

一括査定で一度金額出してもらったら良いと思います。その時、代車の件も合わせて相談するといいですよ!なかには2ヶ月くらいなら無料で貸してくれる業者もあります。

引用:https://toyota.jp/alphard/

ヴェルファイア後期1、2月登録の諸先輩方はそろそろ買取店と商談し始めておられますか?
また、買い取り金額はいくらぐらいになりましたでしょうか?

ちなみに私は3月登録なので、年明けでないと値段つかないと思っていたのですが、
買値を上回る回答をいただく業者さんもちらほら出てきております。(545で買っており、550の回答)
それでも、2月ごろに査定してもらえればさらに上がる可能性が高い
とも言われておりますので待機している状況です。

装備はMOPナビ、リアエンタ、三眼、サンルーフ、スペアタイヤ、パールホワイト

やはりモデリスタ、本革は購入金額の半分くらいしかプラス査定にしかならず、資金効率を考えれば
次回オーダーもモデリスタ、本革は無しにしようかと思っております。

引用:https://toyota.jp/alphard/

H30.3月登録
アルファード2.5SCパール、ムーンルーフ、三眼、デジタルミラー、アイドリングストップ、100v、寒冷地、ナビ取り外しで現状520万でした。来年以降に上がる可能性が高いと買取業者さんより回答貰いました。
買取店は中部地方です。

消費税を考慮したとて、業者間オークションであれば、輸出する車両は消費税分の還付が受けられる訳で、結果的には差し引きで税別と同じに落ち着くんじゃないですかね。

ビッグモーターも同様ですが、直接買い取って商売しているならば消費税が戻ってきますから、その分高く買い取れるはずです

1月2月登録は台数がかなり少ないようなんで>kakki178さんが言うように業者が欲しがる台数より売り手が少なく台数過多もあまり心配なさそうで今より下がる事は無いかな?と思いますが3月登録からがどうなるかなって感じます。

この前、このスレに書き込んだ日に1社だけ問い合わせたら1月登録は是非欲しいと言われてポンっといい値段を出してもらっえたんでまだ本格的に動いてないんですよ(笑)

引用:https://toyota.jp/alphard/

1月登録凄いことになってますよね。
年明けはマグロの初セリみたいにご祝儀相場みたいなのあるかもですね。
私が1月登録所有していたら、値崩れにビビって手堅く年内の提示額で売却していると思いますが。

仮に1月登録だったら、という聞き方ですが、
今のところ570が最高ですね。年明けに本当の相場が出た時に600に
どこまで近づくかが見ものです。
570でも私545で購入しているので、1年乗って25が利益になるので
タイミングが来たら即売却です。

私の場合は2月登録ですので1月末に売却予定です。
年明けに本格的に買取り業者選びに入ります。
改良後の後期型は納車3ヶ月待ちなので、10月に契約しました。
契約金額は440でしたので、余程のことがない限り、マイナスにはならないと判断しての見切り発車の契約です。

引用:https://toyota.jp/alphard/

まー、ここで書かれてるほど、うまく乗り換え出来てる人って、そう多くはないんじゃない?
結局、毎回追金のパターンで、その額が多いか少ないか、またはトントン。
中には利益をだしている人もいますが、執着心が半端ないというかね。売ることばかり考えるのも疲れますよ。

新車即だしだった頃は202、今なら白です。

業者さんのいつしかのブログにも即出しはルートが違うと記載ありましたのでおそらくとは思っていましたが認識合ってよかったです。

12月に入ると年内輸出ができなくなるので不利になると買取屋さんから聞きました。
理想は今月中になると思います。

ネクステージさん
ユーポスさん
ビッグモーターさん
が高く買取ってるクチコミをみます。
他にも
株式会社ENGさん
YKM GARAGEさん
ジュエルオートさん
も高く買取ってるクチコミをみますね!

私は3月登録なので、1年後売却価格が厳しいことが
予想されるので、年明けオークション相場を見てから動けるように
以下の通り下準備しました。

引用:https://toyota.jp/alphard/

【現車の買取】
現段階で複数の買取業者さんと打ち合わせし、いずれも、購入価格-10から+10万は固いのでは
という見解を得ました。みなさんが口を揃えておっしゃったのが、「2月中旬に再度打ち合わせ
させてほしい。その時であれば、今の提示金額より下がることはまずないが、上がる可能性は
ある」という事でした。

ハリアーなどにも通じます。
それは「海外、特にアジア諸国で人気があること」です。

これらの車はアジア諸国でも人気が高いのですが、アジア諸国は新車の輸入には高い輸入関税を掛けています。
しかし登録後1年経過した車は「中古車扱い」となって関税が大幅に下がるのです。

よって輸出業者がこぞって中古車を買い漁るため、一時期は一年落ちの中古車が
新車購入時の価格より高く売れたという現象まで起きていました。
最近は少し落ち着いたかな。。

登録から一年以内の抹消はDとオーナーにペナルティがある場合がありますよ。
特に香港ルートへの輸出はマズイですよ。
営業マンがノルマのために1、2台やるならバレないかもしれませんが店長がやっているのであれば
営業所でやっていると思うのでかなりマズイと思います。
ちなみにうちのDでも営業が転売目的の契約をして本社の支持で契約解除のために
弁護士に依頼する自体になっていましたよ。

引用:https://toyota.jp/alphard/

自分の車はモデリスタなしで550万の査定でした。

購入金額も値引き込で550万でしたので、現在だとタダで乗れた感じですが、来年3月の事考えると博打なので慎重になってます。

>ゆうきぶーぶーさん
よくある有名どころ数社へ個別でメールしての査定です。
4社送って見積もりを出してきたところは2社 480万と490万
残り2社は値段は出さず受付だけして置き来年1月中旬ごろにまた連絡しますとのことです。

申し訳ありませんがまだ売買契約していませんので社名は伏せさせていただきます。
価格はナビ付(上記記載内容)での見積価格です。

1月まで待って520位になればいいななんて思っています。
現在次の車物色中です。

連投すみません。
別の1社から500万の提示ありました。
が、1月2月登録の車は来年化ける可能性が高く今売るのはもったいないとのことでした。
来年を楽しみに待つことにしました。

引用:https://toyota.jp/alphard/

輸出向けの仕様
はじめまして、自動車関係の仕事をしておりますので、参考にしてください。
残念ながら輸出向きではない仕様ですので、国内相場でお話すると360万~というところではないでしょうか。

今は時期的に良くないのですが、年を跨ぐのもおすすめできません。本当に今すぐ手放せるなら最短で売却、10月末以降になるぐらいなら、年度末需要に合わせて年明け早々が良いかと。

輸出向けの仕様に関しては散々語られてるので過去ログをご参照いただければ、おわかりいただけると思います。

引用:https://toyota.jp/alphard/

いまアルファード・ヴェルファイアの下取りが高いのは、中国の税制によるところが大きいのです。

アル・ヴェルは中国でも大人気ですが、新車には中国政府が高い関税を掛けています。
これが登録後1年を経過した中古車なら関税が大きく下がるのです。
よって中国に輸出したい中古車業者のため下取りが非常に高い状況が続いています。

一年ごとに新車に買い替えが出来るなら、そういう目的で車を購入するのも良いと思います。
ただ、アルファードならなんでも良いという訳でもなさそうです。以前買い取り業者と話た時には、一年ごとに新車に買い替えるなら、自分の好きな色やグレードは選べない。買い取り業者がすすめるグレードと仕様にしないといけない。と言っていました。
色 パールかブラック
グレード エアログレード ガソリン
サンルーフ 寒冷地
MOPナビ (海外は駐車の際、白線が無い所が多くIPAは使えないからダメ)
モデリスタエアロ

引用:https://toyota.jp/alphard/

フルモデルチェンジ1年後なら、購入額より20万くらい高く売れる場合もあるかもしれませんが、今回マイナーチェンジで買い替える方の中には、1年で100万近く目減りして手放している方も見えます。

そう考えると、常に利益が出る訳では無く、たまたまラッキーだったというレベルの話です。ちなみに私は3年で約145万の目減りです。

引用:http://bbs.kakaku.com/

最後までお読みいただきありがとうございます。