歴代フォレスターサイズと写真比較してみました。SF系SG系SH系SJ系2.0

スバルフォレスター。国内はもとより海外でも高い評価を受けている、ミドルサイズSUVの初代から4代目までをのボディサイズなどを比較してみました。

初代フォレスター(SF系)1997年発売

ボディサイズ(全長×全幅×全高)(㎜):4450×1735×1580

国内のみならず、海外でも高い評価を受けているスバルのミドルサイズSUV4WD「フォレスター」
初代フォレスターSF系が発売されていたのは1997年~2002年までの5年間。

1997年2月に発売されたのは「2.0 T/tb AT」「2.0 S/tb AT」「2.0 S/tb MT」「2.0 C/tb AT」「2.0 C/tb MT」3グレ―ド5タイプ全てターボ付き250PSモデルでした。

これは初代ハリアーの発売よりも早くSUVスポーツの草分けと言って良いのが初代フォレスターです。

写真で見てわかる通り新型フォレスターと比べると全高は低く抑えられステーションワゴンに近いサイズ感で「クロスオーバーSUV、マルチスポーツ4WD」と言われ、新しいジャンルのクルマの誕生で人気を得たと言ったところでしょう。

プラットフォーム(車台)とパワーユニットは、インプレッサWRXをベースにされ、エンジンは2.0水平対向4気筒+ターボの「EJ20」250PSが搭載され、全グレード4WDが標準装備。

「ハイパワーターボエンジン、フルタイム4WD、マニュアルトランスミッション」の設定は4代目フォレスター2018年/07月まで発売された「2.0XT」まで継承されます。

新車発売5か月後の1997年7月に2.0NAエンジン搭載車「C/2.0 」「S/2.0」が追加され5グレード9モデルと幅広いラインナップ構成となりました。

1998年9月には2.5LNAエンジン搭載車「2.5T」が追加、2000年5月には「STI」限定モデル「S/tb-STi」が発売されています。

「STI」限定モデル「S/tb-STi」は2000年12月に「S/tb-STi II」に変更、内容は4WDシステムの変更タイヤサイズもワイド化されよりオンロードで走りを楽しめるSUVに進化させられました。

元々オフロードを楽しむSUVをオンロード性能を高める改良を施されたスポーツSUVコンセプトの「S/tb-STi II」はスバルファンの心をつかみます。

現行型まで続く「STI」の特別仕様車は予約受付時に完売してしまうほどの人気車となったフォレスターSTIシリーズの方向性を決めた一台と言うことになります。

2代目フォレスター(SG系)2002年発売

ボディサイズ(全長×全幅×全高)(㎜):4450×1735×1585

2002年2月フルモデルチェンジを受けた2代目フォレスター。

「クロスオーバーSUV」というコンセプトは初台から受け継ぎつつ、ボディー形状は大きく変わり現行型へ近い形にブラッシュアップされています。

初代発売当時は「クロスオーバーSUV」オフロードもオンロードも楽しめる数少ないモデルとしてこのジャンルの人気を独占していましたが、2002年の時点ではトヨタ「ハリアー」日産「エクストレイル」など他社からも続々とSUV車が発売され、ライバルがひしめく人気ジャンルのクルマになっています。

しかしスバルフォレスターのキーコンセプトはぶれることなく、水平対向4気筒2.0ターボエンジン、フルタイム4WD車をトップグレードに据え、マニュアル車も設定、ターボエンジンは250PSから220PSと扱いやすさを重視しデチューンされました。

よりオフロードの使用を重視した「X」グレードの追加は現行型「X-BREAK」に引き継がれる形になります。

2002年10月には最高級グレードとなる「2.0クロススポーツ」が追加、エンジンパワーは220PSのままでしたが、オンロード性能の強化のため専用の足回りを採用車高も従来の1585㎜から1550㎜に下げられました。

AT車にはマニュアルモードが可能なスポーツシフトも専用装備となりよりオンロードでの走りが楽しめる仕様の追加となります。

2004年には待望の「STI」仕様車、2.5L水平対向ターボエンジン265PS「STI Version」も追加、やはりオンロードでの走行性能が高められ、ブレンボブレーキキャリパーの採用、ワイドタイヤの採用、専用サスペンションなどハイパワー「スポーツSUV」のフォレスターのフラッグシップモデルを誕生させています。

3代目フォレスター(SH系)2007年発売

ボディサイズ(全長×全幅×全高)(㎜):4560×1780×1675

2007年12月発売の3代目フォレスターのフルモデルチェンジは新プラットフォームの採用でエクステリアの印象も大きく変わりました。

ワゴン車ベースのクロスオーバーSUVから、より本格派SUVに進化し室内高も大幅にアップし、2代目フォレスターの全高1,590mmより1,675mmと85㎜全高は高くなりました。

現行型フォレスターの全高は1,715mmですので、3代目フォレスターは現在主流のSUVのサイズに見劣りしない迫力あるボディーサイズを与えられたモデルに進化したことになります。

一目でボディーサイズが大きくなった事がわかりますが、発売当時は「重量増」や「大きすぎる」と言うスバルファンからの声もあったようですが、実際の車両重量増は20Kg程度で、最小回転半径は2代目よりも10cm小さい5.3mと小回りの効く取り回しの良いSUVになっていました。

パワーユニットは「X」「XS」に搭載された、2.0NAエンジンが148PS、「XT」に搭載された2.0ターボエンジンは230PSと「ハイパワーエンジン、全グレードフルタイム4WD」の伝統は受け継がれFF車の設定がないこともスバルのフォレスターへのこだわりが感じられます。

3代目フォレスターの開発コンセプトは「Best Balance for Active Life」「スーツの似合うSUV」とされ、より豪華で洗練されたエクステリアが与えられています。

この時点でフォレスターはすでに国内の人気車種だけにとどまらず、北米を中心とした海外の市場でも人気を博し世界中で高い評価を受ける車種となっています。

3代目のフルモデルチェンジでフォレスターはよりオフロード重視の本格派SUVに舵を切ったことにもなります。

4代目フォレスター(SJ系)2012年発売

ボディサイズ(全長×全幅×全高)(㎜):4595×1795×1695

2012年11月発売の4代目フォレスター、パワーユニットは先代から継承のFB20NAエンジン148PSと新世代直噴ターボFA20エンジン280PSの2種類となりました。

エクステリアは3代目からのSUVらしさに磨きをかけミドルクラスSUVの代表的なボディーデザインとなります。

280PSのターボエンジン採用での走行性能向上に加え、低燃費も実現し環境性能も進化、予防安全装備「EyeSight(Ver.2)」も採用。

 

トランスミッションは従来のトルクコンバーターを介すATから、ベルトドライブの無段変速「CVT」に変更。

悪路走破性を高める「X-MODE」を初搭載したのも4代目フォレスターSJ系からになっています。

4代目フォレスターは多くの新技術の採用でクルマの基本性能は大幅にアップされています。